建て替えとリフォームどっちがお得なのか

cba1c0fc252c06195037e7eff5b4d820_s

築20年~30年以上お家を使われてきた方にぶつかる一番の悩みの種となり、もっとも多い質問でもございます。


リフォームと建て替えではそれぞれメリットとデメリットがあり、一概には、こちらが良いですよとは言えません。


それぞれの、お客様のこれからの将来のプランによってどちらが良いのかは変わってきます。


では、双方のメリットとデメリットについてお伝え致します。


建て替え工事


メリット


建て替え工事では、既存の建物を全て解体して、更地にしてから、新しい材料・商品で仕上げますので、全てが新しくなります。


また、自由に外観、内装のデザインや間取りが選べて自分の理想に近い家を設計して建てる事ができます。


デメリット


既存の建物の全て解体する為、「処分費用」、新しい「材料・商品代・工賃」がまるまるかかります。


更には、引っ越し費用、仮住まいの家賃、登記費用などもかかります。


また、建築基準法の変更で、建ぺい率が変わり、建て替えると今のお家よりも小さくなる事もあります。


建て替えの一番のデメリットはやはり費用がかかることです。


リフォーム工事


メリット


既存の使えるものは残し再利用して必要な個所のみ工事する事が出来ますので、建て替えと比べてコストを大幅に下げることが出来ます。


また工事内容によりますが、住みながらの工事も可能で、引っ越し費用等がかからず、悪いところだけ、水回りと床だけとか、外装だけ、内装だけとか選択肢も可能です。


デメリット


部分的な工事となり、残す個所を傷つけないように工事をするため、建て替えよりも一つの工事単価が上がります。


大幅な間取り変更が難しく、構造部分を変える大きな工事は確認申請が必要になり希望通りにはいかない場合があります。


1981年前に建てられたお宅で、耐震補強がまだされていない場合は、耐震工事も上乗せで必要になってきます。


大規模なリフォーム工事を行う場合に、リフォーム工事は作業が難しいので、現在の家を建ててもらった業者さんか、腕の良い業者さんをしっかりと選ぶ必要があります。


理由は、建て替えはゼロからの工事ですが、リフォームは、解体してあけてみたら予想とは全然違い、予想外のトラブルが多いからです。


そのトラブルをしっかり臨機応変に対応できるかは、その職人の腕にかかっているからです。


大規模なリフォーム検討時、もちろん小さい工事でも、しっかりと業者さんの腕や技術を施工現場に行って、確認する事をお勧めします。


まとめ


建て替えとリフォーム工事の差で、一番の違いは費用の差だと思います。


新築と外装・内装をフルリフォームした場合とでは、約2倍ほど費用が変わってきます。


(もちろん、お家の劣化状況にもよります)


予算があるのであれば、間違いなく新築に建て替えられた方が良いことには間違いありませんが、なかなかお悩みになられるポイントだとは思います。


建て替えもリフォームも変わらないのは、その先10年後もリフォームが必要になってくることです。(選ばれた材料にもよります)


このメリット、デメリットをみて、少しでも判断のお手伝いが出来れば幸いです。

建築・リフォーム専門会社

会社名 轍建築
営業事務所 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-1-24
電話番号 045-315-6186
URL http://wadachi-kenchiku.com/