リフォーム工事とは

House renovation
リフォーム工事ってよく聞くけど、実際どういう工事なのかと、よくご質問をいただきますので、その内容について初心者の方向けに詳しくご説明いたします。


今あるものを有効に再利用して古くなった物や個所を新しい物に作り変えて、新たな価値ある快適で豊かな住空間を提供する工事をリフォーム工事といいます。


新築の時と比べると同等か以下の性能になる工事です。


リフォーム工事では大きく、外装リフォーム工事と内装リフォーム工事という形で分かれます。


外装工事では、主に建物の外側の部分で屋根のメンテナンス、外壁のメンテナンス、付帯部分のメンテナンス、玄関扉、サッシなどの修繕・交換工事となります。


内装工事では、主に建物の内側の部分でお風呂、キッチン、トイレ、給湯器の水回り個所の修繕・交換や、フローリング、クロス、畳などの修繕・交換工事となります。


また他に、外構エクステリアリフォームといわれるブロック塀、門扉、フェンス、カーポート、ウッドデッキのメンテナンスなどの修繕・交換工事も含まれてきます。

「リフォーム」という名称の普及



リフォームという名称は、現在では当たり前のように使われていますが、この名称が普及し始めたのは20年位前です。


それまでは、お家のメンテナンスに対して「増改築工事」「修繕工事」と呼ばれていました。


ちょうど、バブルが崩壊して景気が一気に悪くなり、新築に建て替えする費用よりもリフォームして長く使った方が低予算で済むために、リフォームを選ぶ人が増え名称が普及してきたのだと考えられます。


現在ではリフォーム工事の中でもリノベーションという言葉も普及し始めています。

リノベーション工事とは



リフォーム工事の中に最近では、リノベーション工事という名称が普及しています。


リノベーションとは、リフォーム工事のプラスアルファの工事で、新築時よりも性能や機能を向上させたり、価値を高める工事となります。


クロスやフローリングなど、デザイン性の高いものに改良したり、快適な間取りに変更したりなどより良い住環境を作っていきます。


特に、中古マンションなどに多く、内装をリノベーションして販売する不動産屋さんが増えてきています。

まとめ



リフォーム工事は新築時から老朽化が進んだ個所に対して新築時の状態に戻す工事となります。


そこに、プラスアルファ、デザイン性を求めた工事などがリノベーション工事となってきます。


この境目は曖昧ですが、最近は外装工事、内装工事ともにデザイン性に優れた商品が一般化していますので、普通のリフォーム工事もリノベーション工事に当てはまるのかもしれません。

建築・リフォーム専門会社

会社名 轍建築
営業事務所 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-1-24
電話番号 045-315-6186
URL http://wadachi-kenchiku.com/