施工業者を選ぶ判断基準について


屋根リフォーム工事をされる場合、安い工事では無いのでお見積もりを、複数社に取られている場合が多いと思います。


一社だけだと、この金額と工事内容は適正なのか、不安になるので、


複数社にお見積もりを取ってみたが、結局どこの業者にしようか判断に迷うことが多いと思います。


そんな時に、業者目線での、施工業者を選ぶ際の判断基準の一例をご紹介します。

施工業者の判断基準例



現在、リフォーム業者は数えきれない程あり、費用に関しては安い業者も高い業者も沢山います。


特に、安いを売りにしている会社さんだけには気を付けてください。


安くて嬉しいのは正直最初だけです。工事が終わり、数年たち下手な工事や直ぐにダメになってしまう様な工事であればそれは必ず怒りに変わります。


家具や電化製品と同じで安いものは安いなりの理由があります。


特に屋根リフォーム工事であれば変な話、手を抜こうと思えば抜けてしまう所があります。


選ぶ基準は安さだけではありません↓

地域密着型、地元で活動している会社

写真
地元で活動している会社は下手な工事ができません。


理由は下手な工事をすれば悪い噂と口コミがたち、地元で活動しずらくなってしまう為です。


逆に、横浜市・川崎市地元にて良い工事をして良い噂を頂いた方が会社としてはプラスになり仕事も増えますので、下手な工事をする理由がないからです。

迅速な対応をしてくれるか



見積もり依頼をしてからの訪問、見積もり提出、工事着工と迅速な対応をしてくれるかどうかもポイントです。


あまりにも遅いと工事完了後のアフターメンテナンス時、勿論工事中も何かあった場合の対応が遅い場合があります。


全部が全部というわけではありませんが、対応が早い方が遅いよりは良いと思います。

適切なプランのご提案をしてくれるか



以前、横浜市にて某大手リフォーム会社さんと相見積もりになり、その業者さんは築10年で塗装、防水工事で問題ないお宅に対して、外壁の交換と屋根葺替え工事を強く薦めていました。


予算があるようであれば別と思いますが、お子さんが大学生でいらっしゃるご状況ですのでそこまでする必要はないと思います。


家の劣化状況、ご家族の状況とご予算、あとお家を何年使われるかと将来のことも考えた上での最適なプランを何パターンかをご提示させて頂き親身になって一緒に考えてくれる業者さんは良いと思います。

まとめ



施工業者を選ぶ基準は安いだけ決めてしまっては、あまり良くはありません。


近いから安心という訳ではありませんが、片道1時間以内に来れる距離にある業者さんであれば良いとは思います。


また、わかりやすい説明と最適なプランのご提案は絶対に必要であると思います。

<お問合せ~工事完工まで>



現地調査からお見積もり提出までの流れ


施工業者を選ぶ判断基準


屋根リフォーム工事の契約から近隣ご挨拶までの流れ


実際の工事の流れと現場監督の必要性とは


工事完了後の対応、工事保証について

建築・リフォーム専門会社

会社名 轍建築
営業事務所 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎南5-1-24
電話番号 0120-156-187
URL http://wadachi-kenchiku.com/