横浜市瀬谷区のK様邸にて、軒天の張替え・破風交換・波板交換工事を行いました。

軒天は、傷みの度合いにより張替えと上から被せるカバーでの施工を行っています。

その他、破風板の交換等も行っているので、同じような状況の場合は施工方法を参考にしてください。

軒天・破風板の劣化状況

軒天のベニヤが剥がれて、傷んでいました。

軒天が空いてしまっていると、鳥の巣やハチの巣ができる原因となります。

また、台風の際には内部に雨水が入り込み雨漏りする可能性もあります。

ベニヤの剥がれている箇所は、カバーできないので張替えとなります。

ベニヤにシワができています。

徐々に劣化が進むと破れて、剥がれてきます。

この状態であれば、上から被せることができるため、カバー工法で仕上げていきます。

破風板が腐って、反り上がっていました。

この状態では軒天を綺麗に仕上げられないので、一緒に破風板を交換していきました。

軒天張替えの施工事例

剥がれた既存ベニヤをすべて解体処分していきます。

新しい4mmベニヤを寸法通りにカットして垂木に固定していきます。

ベニヤが整っている箇所は、新規ベニヤをカットして重ね張りしていきます。(カバー工法)

ベニヤを張り終えたら、壁取り合いと破風取り合いにコーキングを打ち込んでいきます。

また、ベニヤの継ぎ目にはパテで下地を調整ていきます。

ケンエースという塗料で、ローラーにて2回塗りを行い完了です。

破風板交換の施工事例

既存の傷んだ木板を解体処分していきます。

垂木に新規破風板(ラワン材)を取付けていきます・

ウレタン塗料にて、3回塗りを行い完了です。

波板交換

古くなった波板の交換も行いました。

すべて解体処分して、新しい波板を取付けていきます。

波板の交換で、お家のイメージも変わってきます。

仕上がり完成

工事期間は、仮設足場を含めて6日間の工事でした。

工事のまとめ

軒天・破風板も屋根と同様に雨・風・紫外線の影響を受けやすく劣化が進みやすい箇所です。

古くなってくると、剥がれたり、腐ってしまいます。

そうなると塗装工事だけでは間に合わず、張替えや交換工事が必要となります。

現在では、ケイ酸カルシウムでできたケイカル板や、窯業系のセメント板などが使用されて耐久性も向上しています。

ですが、どのような素材でも屋根修理は必要となります。

ご自身のお家の劣化状況と耐久年数はしっかりとチェックしとくことが大事です。