横浜市旭区のU様邸にて軒天の張替え工事を行いました。

軒天井の劣化状況が酷く、張替えのお問合せを頂いて対応させていただきました。

当初は、軒天カバー工事で施工を行う予定でしたが、既存のベニヤの剥がれが酷く、

全部解体して、新しいベニヤを張っていく張替え作業を行う事になりました。

今回は、軒天張替え工事の施工事例をご紹介します。

劣化状況

既存のベニヤが剥がれて、軒裏が空いていました。

動物の侵入や鳥の巣の巣などが出来たり、雨漏りの原因にもなってしまいます。

施工事例

仮設足場の設置

今回の施工個所は、2F部分の軒天井です。

1Fの場合には、足場はいりませんが、2F作業では基本邸には足場が必要です。

既存ベニヤ解体撤去

劣化したベニヤを解体していきます。

全体的にベニヤの切れ端などが残らない様にキレイに撤去していきます。

新規ベニヤ張り

解体後に、新規のベニヤを張っていきます。

寸法を計って、サイズ通りにベニヤをカットして、軒に順々に張っていきます。

壁際コーキング仕上げ

壁際には、コーキングを打ち込みベニヤ張りは完了です。

軒天塗装工事

軒天もそのままでは雨水が染み込んで劣化速度が早まります。

しっかりと表面の塗装を行っていきます。

まず、ベニヤの継ぎ目などにパテに穴埋めを行っていきます。

その後、刷毛にて細かい取り合い分を先に塗っていきます。

刷毛が完了したら、ローラーで下塗りを入れていきます。

下塗りが完了したら、再度上塗りを入れていきます。

一回塗りでは、しっかりと色が入らないのと防水性の問題があるので2回塗りをおこなっていきます。

塗装を行い、軒天の張替え工事は完了です。

工期は、仮設足場で2日間、軒天張替えに2日間、塗装仕上げにて1日と、

計5日間の工事内容でした。

作業人数は、2人作業で行っています。

戸袋補修工事

軒天の材料が余っていた為、戸袋一箇所をサービス工事に補修をさせていただきました。

既存の表面の木を解体後、新規ベニヤを張って仕上げました。

同塗料にて、塗装にて仕上げています。

工事のまとめ

軒天井は、経年劣化によって傷み剥がれてきます。

メンテナンス方法は、定期的な塗装を行っていくこです。

その後、20年~30年目にて軒天の劣化状態を判断してカバーや張替え工事を行っていく流れとなります。

軒天も放って置くと、鳥の巣、ハチの巣、雨漏りの原因にもなる箇所なので、しっかりと劣化状況をみてメンテナンスを行っていく事がとても大切です。