横浜市旭区のS様邸にて、棟板金の補修を行いました。

10月1日の台風の影響で、棟包みが剥がれ落ちてしまい、お問い合わせを頂きました。

棟包みの下地は劣化しやすく、止め釘が浮いてきている場合には剥がれやすくなります。

ですが、台風レベルの災害でなければ剥がれないような劣化状態でしたので、火災保険にて対応を行っています。

棟包みを固定するための下地も一部剥がれていたため、下地の交換も行っています。

下地は、風向きによって棟包みの内側に雨水が入ることがあり傷みます。

20年近く経過すると腐っていることもあるので注意が必要な箇所です。

棟板金補修の施工事例

既存の下地は解体撤去を行い、新しい下地(貫板)に交換していきます。

15年以上経過しているので、釘が抜けてしまった下地よりも新しい方が安心です。

下地の調整を行いながら、下地をビスで固定していきます。

※棟板金の補修箇所は、保険対象の剥がれた箇所のみ行っています。

下地に、新しい棟包みをビスで固定ていきます。

基本的に釘で止めることが多いですが、ビス止めの方が抜けづらいのです。

下地が杉板の場合にはビス止めを行っています。

三又部分の板金の加工を行って取付を行っていきます。

板金取合いにコーキング処理を行って完了です。

工期は、部分的な補修のため2時間くらいの作業でした。

今回は台風による影響なので部分的でしたが、築20年過ぎてきましたら全体的な交換がおススメです。

築20年くらいが一般的な棟板金の交換目安です。

工事のまとめ

棟板金の下地には、一般的に杉板が使用されています。

経年劣化の影響で、杉板が傷み、釘浮きして棟包みが剥がれてしまうケースがとても多いです。

とくに強い台風がきた場合には、多少の釘抜けでも飛ばされてしまう可能性があります。

近年では、下地材には樹脂製のもの板金加工したものがあります。

予算は少し上がってしまいますが、耐久性が向上するのでおススメです。

そのほか棟板金の交換後時には、一緒に屋根の塗装を行ってあげるのがベストです。

足場代金も節約できて、板金の継ぎ目や釘穴に塗膜が付くことによって耐久性が上がるためです。

また、屋根材と棟板金の色も統一できます。

棟板金の施工方法や交換のタイミング等の判断はなかなか難しいと思います。

ご不明点などありましたら、お気軽に轍建築にご連絡ください。