川崎市多摩区M様邸にて瓦屋根の漆喰補修工事の施工を致しました。

建てられてから築30年近くになりますが、瓦屋根に対してノーメンテナスの為、

屋根の点検工事をさせていただきました。

瓦屋根も瓦材の割れや、地震などでの瓦のずれ、棟瓦の詰め物(漆喰)、番線などが切れたりと

経年劣化により不具合が出てきます。

[劣化状況]

漆喰の劣化

img_4026  img_4030

年数の経過があり、漆喰の割れ、剥がれがおきている状況でした。

このままでは、瓦のずれや、雨水の侵入が起きてしまいます。

漆喰材は大事な部分で、とちらも定期的なメンテナンスが必須となります。

しっかりと写真を撮影して、現状のご説明をさせていただき

漆喰の補修作業を行うことになりました。

[施工事例]

AFTER

まずはビニール養生を行っていきます。

その後に旧漆喰を取り除き、下地を整えていきます。

ここでむらなどがあると、新規材料が綺麗に仕上がりません。

下地調整完了後に新しい漆喰材を塗っていきます。

img_4115  

鬼瓦の部分も漆喰で塗り固めていきます。

dsc04732  dsc04730

[工事のまとめ]

工期は一日作業でした。強風時や雨天時は工事に入れません。

下からでは見えない工事になりますので、しっかりと写真を撮り、

工事完了後にしっかりとご報告をさせていただいています。

瓦屋根は基本的にノーメンテナンスで良いというイメージがありますが、

棟瓦の漆喰部分は経年劣化により傷み、剥がれや割れを起こしてきます。

漆喰材に関しては定期的な点検を行い、メンテナンスをお勧めいたします。

その他にも、瓦屋根は瓦材のずれや、割れ、番線止め金具の切断等、

不具合が多数出てきますので、注意が必要となります。

[漆喰の材料]

硬化剤として消石灰、骨材として炭酸カルシウムや麻ツタなどが入っています。

基本的には色は白か黒色が一般的ですね。