川崎市宮前区K様邸にて、棟板金の交換工事を行いました。

築25年にて、10年前に屋根の塗装工事を一度されているお宅です。

今回は、2回目の屋根塗装工事を行いますが、その前に棟板金も交換していきました。

屋根の棟は、素材は鉄板を使用しており、劣化スピードはとても早いです。

また、下地に木材(貫板)を使用しているため、長年の雨風の影響によって腐ります。

木下地が腐ると、鉄板を止めている釘が抜けて強風時に鉄板が飛んでしまう原因になり、

20年以上経過しましたら、交換の目安となります。

今回は、棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

劣化状況

棟の鉄板部分の錆びや継ぎ目のコーキング材の劣化を確認しました。

鉄板も経年劣化により傷んでいるため、塗装よりも交換がおススメです。

棟を押さえている釘の錆び、浮きも出てきています。

内部の木下地が劣化してきている証拠です。

棟が浮いてきており、隙間から内部に雨水が入り込んで、

木下地や防水シートを傷める原因となります。

施工事例

既存の棟をバールで解体していきます。

解体時に、屋根材が割れることがあるため注意しながら解体を進めていきます。

棟の鉄板を解体すると、木下地の劣化・腐りを確認しました。

25年間、雨風に晒されると、このように木下地は傷んでしまいます。

腐った下地には釘はききません。

木下地も解体していきます。

解体後は、木くずや汚れの清掃や下地調整を行っていきます。

解体後に新規の木下地(貫板)を新設していきます。

木下地は、2本づつ野地板に取付けて固定していきます。

木下地を新設したら、新しい板金材(ガルバリウム鋼板)を取付けていきます。

新しい板金材は、新設した木下地に固定していきます。

板金を加工していき、取付を行ったら、最後継ぎ手部分にコーキングを行い完了です。

仕上がり完成です。

棟板金約16mを半日から1日で仕上げていきます。

その後、屋根の塗装全面に行います。

まとめ

築10年目での、屋根塗装工事では棟板金の塗装のみで問題はありません。

ですが、2回目以降で屋根塗装されていく場合には一緒に棟板金も交換していきましょう。

下地に木材を使用しているためほとんどの場合、腐っています。

棟板金を塗装しても、内部の木材の腐りは防ぐ事ができないので交換する必要性があるのです。

費用は、m数にもよりますが、一般のお宅で6万~20万円くらいです。

また、棟板金が飛んでしまった場合に状況によっては風災保険も適用できるので、

加入している保険屋さんに確認してみると良いと思います。