川崎市にて、S様邸の棟の板金の交換工事を行いました。

築25年のお宅で、前回に屋根の塗装をされていましたが、棟板金は長期間メンテナンスを

してなく棟板金はめくれ上がり内部の木下地が腐っていました。

幸い、下地は傷んでいましたが、台風などで飛ぶことなく、建物内には雨漏りも

発生はしていませんでした。

そんな、S様邸の棟板金交換工事の施工事例をご紹介いたします。

施工事例

工事着工~

今回の工事では緩やかな勾配であったため、足場を設置していません。

さっそく、作業に取り掛かります。

まずは棟板金の解体を行っていきました。

既存の板金材を剥がし、劣化した下地の状態です。

このように傷んでしまうと、釘も木下地にきかずに浮いたり抜けてしまいます。

他の個所を見てみると上記ほどではありませんが、木下地の色が、変色してきています。

雨水を多く吸い込んでいた証拠です。

長期間メンテナンスをしていないと、このような状態になります。

ですが、25年間手を加えてなく、この傷みで済んでいるのも長持ちしているほうでは

ないかと思います。

確認が終わりましたら、引きつづき作業に入っていきます。

既存の木下地を解体して、新規の下地を新設していきます。

直線に平行して2本下地を打っていきます。

木下地の新設が完了です。

その後、新しい板金材を取付けていきます。

材料はあらかじめ、長さを計り、加工したものを順々に取りつけていきます。

最後に取合い部分などを、コーキングで仕上げていきます。

これで棟板金の交換工事が完了となります。

工事のまとめ

屋根で、雨風の影響をとくに受けやすい屋根の下地に木が使われています。

気づかないうちに、劣化してしまい台風などの強風でよく飛んでしまう事があります。

最悪、雨漏りの被害も受けることがでてきます。

ベストは、屋根塗装と一緒に交換してあげる事が良いと思います。

確かに、棟板金は屋根工事の中で盲点となってしまいます。

しっかりと、点検してメンテナンスを行っていきましょう。