川崎市幸区のT様邸にて、屋根のカバー工事の施工を行いました。

その施工事例をご紹介いたします。

当初は、外壁の塗装と一緒に屋根の塗装を行う予定でした。

ですが、屋根の点検作業を行うと、

既存の屋根材は旧クボタ株式会社のカラーベスト・アーバニーが使用されていました。

現在は、クボタと松下電工が統合して、ケイミュー株式会社になっています

また、アーバニーは生産終了となっています。

アーバニーは、約20年ほど前に製造されている、ノンアスベスト屋根材です。

屋根に上がると、3枚ほど雨樋に瓦が外れて落ちており、

他数箇所にひび割れが出来ていました。

点検中も、気を付けながら確認を行っていましたが、経年劣化もあり比較的割れやすいです。

とても、塗装作業できる状態の屋根ではありませんでした。

その為、今回は塗装工事の仕上げではなく、屋根に関しては屋根カバー工事を施工

していくお話となりました。

劣化状況

数枚の割れと、コケや汚れの発生

築20年以上ノーメンテナンスです。

屋根材の防水機能は厚みもあり高いですが、割れやすいです。

施工事例

既存屋根の上から新しい屋根材を葺いて仕上げていくカバー工事施工です。

新規の防水シート(アスファルトルーフィング)を被せて、

役物(水切りスターター・ケラバ板金)を取付け

新規の屋根材を下から順々に張り上げていく作業を行います。

新規屋根材が張終わりましたら、棟板金を取付けて

各種に防水処理を行っていき完了です。

仕上がり施工写真


今回の使用材料は、ニチハ株式会社の横暖ルーフシリーズの

テラコッタを使用しました。

意匠性に優れています。

他のデザインは、ブラック・シルバー・ブラン・グリーン系が多い中

この明るいデザインはお家を華やかな雰囲気に仕上げます。

工事のまとめ

スレート屋根には劣化状況に関係なく塗装ができる屋根とそうではない屋根があります。

アスベスト材含有からノンアスベスト屋根材に切り替わったころのスレート材は

欠陥品が多く出ています。

そんな場合には、塗装ではなく、屋根カバー工事で施工していけば問題なく

屋根の機能が生きてきます。

また、屋根カバーでは意匠性に優れた屋根材も多くありますので、

屋根カバーで、美観が向上することは間違いないです。

川崎市で、屋根カバー工事についてご質問等ありましたら、

お気軽に轍建築へご相談下さい。