川崎市中原区のW様邸にて、雨樋交換工事を行いました。

今回は、屋根葺き替え工事と一緒に交換を行っています。

雨樋の劣化状況

日焼けによって、色あせや割れが発生していました。

また、枯葉などによる雨樋の詰まりもあり、今回枯葉ネットの取付も行っています。

雨樋交換の施工事例

吊り金具が垂木に取付けてある丸樋のタイプとなります。

既存の雨樋と吊り金具を解体して撤去していきます。

新しく垂木に、亜鉛メッキの横打ちの吊り金具を釘打ちしていきます。

水糸を張り、その勾配通りに設置していきます。

吊り金具を設置したら、新規の雨樋(角)を取付けていきます。

丸樋よりも角樋の方が、雨水が入るスペースも多くあり、耐久性があって、雪害時の傷みの影響も少なくてすみます。

現在では、丸樋よりも角樋の方が多く普及してきています。

軒樋を設置したら、集水器と竪樋も取付けを行っていきます。

雨樋の取付の完了です。

次に、枯葉ネットを取付けていきます。

大日本プラスチックのネトロン枯葉ネットを使用しました。

角樋用の枯葉ネットを雨樋に設置していきます。

ネットの継ぎ手や等間隔で、飛散防止用のストッパーを設置していきます。

枯葉ネットの設置の完了です。

吊り金具が横打ちタイプの場合は、ネットの切り込みが不要なため比較的容易に設置ができます。

反対側の雨樋にも設置

雨樋の交換は、解体・設置、ネットの取付も含めて1日作業でした。

屋根葺き替えを終えて、雨樋交換も行うとより見栄えもよくなります。

雨樋交換工事にも、効率の面から仮設足場が基本的には必要となります。

工事のまとめ

雨樋は、屋根の工事を行う際にセットで交換されることが多くあります。

雨樋交換を行うにも、仮設足場が必要なためです。

雨樋単体で足場を組むよりも、一緒に施工を行った方がコストがかからないためです。

雨樋も塗装によるメンテナンスなども行いますが、素材自体の劣化や雪などの影響で割れたり、歪んだりします。

そのため、一定の期間(20年前後)で交換の時期となります。

今回、付随して行った枯葉ネットの取付も枯葉の清掃で手間がかかっている方にはおススメです。

枯葉ネットを取付を行えば、枯葉の侵入を防げるので、清掃が不要となります。

枯葉による雨樋の詰まり等も防げます。

(多少の隙間はあるので細かいものは入ります。)

雨樋を交換すると機能面はもちろん、全体的な美観が高まりますので、劣化が進んできた場合には交換も検討してみてください。