寒川町の理容店舗兼ご自宅のK様邸にて、外壁塗装を行いました。

築30年近くで、今回が2回目の塗装工事でした。

一見は、そんなに劣化を感じさせない印象ですが、細かく調査を行うと外壁材の傷みがみられました。

今回は、K様邸の外壁塗装工事の事例をご紹介いたします。

劣化状況

全体的に、外壁材のひび割れやチョーキングが発生していました。

外壁材の日当たりの悪い箇所でよくみられる、藻やカビが発生していました。

雨樋の日当たりによる劣化や、汚れなどが付着していました。

雨戸の旧塗膜の劣化が進行していました。

施工事例

仮設足場設置後に高圧洗浄を行ったらまず下地調整に入っていきます。

ひび割れ箇所をコーキングにて、穴埋めを行っていきます。

コーキングと並行して、サッシ窓ガラスなどをビニール養生していきます。

下地調整と各種養生が終わったら、下塗りに入っていきます。

下塗り材には、水性ソフトサーフSGを使用していきます。

モルタル壁に、下塗り材をしっかりと吸い込ませることによって、本塗り材との密着効果を高めます。

本塗り塗料には、SK化研のクリーンマイルドシリコンを使用していきました。

下塗り後に、一発目の本塗り材(中塗り)を入れていきます。

中塗りが完了したら、乾いた後に再度2回目(上塗り)を仕上げていきます。

左が、上塗り後、右が上塗り前(中塗り)です。

外壁塗装の3回塗りが完了したら、付帯部分の塗装に入っていきます。

付帯部分には、関西ペイントの1液MレタンHGを使用しました。

木部の鼻隠しを塗装していきます。

出窓などの上にある鉄板屋根も塗装していきます。

計2回塗装していきます。

その他、換気フードの塗装

換気口も塗装していきます。

外壁との継ぎ手のひび割れ箇所も綺麗にコーキング補修して穴埋めしています。

足場を解体して、清掃を行い完了です。

日が当たるととても艶がでて、美観が新築時のようになりました。

美観が良くなったことによって、理容院により気持ちよく訪れることが出来そうです。

工事のまとめ

工事期間は、天候にも恵まれて順調に作業は進み、仮設足場を含めて10日間の作業でした。

経年劣化したモルタル材は、塗装に入る前の下地調整がとても重要になってきます。

とくに年数が経過しているため新築時よりも外壁材の劣化スピードも早いので、念入りに下地の調整を行いました。

また、日当たりが良く劣化が進んでいる箇所には、サービスで4回塗ったりして他の箇所との劣化スピードを合わせたりします。

外壁塗装は、10年先を見据えて常にベストな仕上がりを考えて塗装をしていきます。