川崎市宮前区のK様邸にて、外壁塗装と手摺の塗装を行いました。

築25年目で、10年ほど前に一度塗装をされていますが、前回の塗膜が劣化して、チョーキングやひび割れが発生しておりました。

ひび割れから、雨水が侵入して雨漏りも発生していたため、今回、外壁塗装を行っていく形となりました。

それでは、川崎市宮前区のK様邸の施工事例をご紹介します。

外壁の劣化状況

外壁材はALCです。

前回の塗膜が劣化して外壁を触ると白い粉がつきます。

防水効果が切れてきている証拠となります。

目地部分に亀裂(ひび割れ)が発生していました。

隙間から、雨水が染み込んで内部を傷める原因となります。

藻が発生していました。

菌など繁殖して健康に悪影響を及ぼします。

施工事例

高圧洗浄

仮設足場の設置後、高圧洗浄を行っていきます。

溜まった汚れや、藻・カビなどをキレイに洗い流していきます。

下地調整

ツタが外壁材に付着していたため、高圧洗浄と並行してツタを取り除いていきます。

ツタをワイヤーブラシや皮すきなどで、キレイに清掃していきます。

コーキング作業

高圧洗浄、下地調整が完了したら、目地にコーキングを打ち込んでいきます。

下塗り

コーキング完了後、下塗りを入れていきます。

壁の横ラインの繋ぎ目に、塗りこさないように確認しながら作業を進めます。

中塗り(SKプレミアムシリコン)

下塗り完了後に少し、黒が入った灰色の中塗りを入れていきます。

使用塗料は、SK化研のラジカル塗料を使っています。

上塗り(SKプレミアムシリコン 仕上げ)

中塗り完了後に、もう一度上塗りを入れていきます。

今度は、下塗りと中塗りの中間色の白色に近い色で塗装しています。

色を変えることによって、ちゃんと3回塗ったかを証明して、さらに、塗り残しなどを防ぐ為にも色分けします。

外壁塗装完了

仮設足場を解体して、清掃を行い外壁塗装は完了です。

鉄骨手摺り塗装

外壁塗装完了後に鉄骨手摺の塗装も行いました。

仮設足場の運搬時に傷ついてしまわない様に解体後に作業を進めています。

下地調整

鉄骨関連は、旧塗膜や錆などがボロボロと剥がれているので、下地調整がとても重要となります。

ワイヤーブラシや皮すきで凹凸を取り除いていきます。

錆止め

下地調整後に、錆止めを入れていきます。

錆止めを塗布して、今後の錆びの進行を遅らせます。

錆止め後

中塗り(ウレタン)

錆止めが完了したら、中塗りを入れていきます。

上塗り(ウレタン 仕上げ)

中塗り後に、上塗りをもう一度入れていきます。

塗膜の層が厚くなり、耐久性が少し向上します。

塗装完了

色は、コーヒーブラウン色で仕上げました。

アルミの茶系のフェンスとバランスは合います。

まとめ

外壁塗装も手摺塗装も基本的な施工手順は同じです。

下地調整を行い、3回塗りが基本です。

塗装工事で一番重要なのは、下地調整です。

どんなに良い塗料を塗っても、下地が悪ければすぐに剥がれたり剥離してしまいます。

それは、メンテナンス頻度が不十分な場合にも言えます。

下地が良い状態の内に塗装工事を行い、適切な工程を行う事がとても大切です。