横浜市南区I様邸にて外壁塗装と外壁張替え工事を施工しました。

築30年以上で、前回メンテナンスから年数も経過していたため、

錆びの進行、木の腐朽が進み、外壁から雨漏りしていました。

腐朽箇所の大工工事と塗装による防水工事、

またトタン壁の錆の影響が強く、塗装しても長く持たない箇所に関しては

一部張替えを行っていきました。

劣化状況

トタン壁が一部、経年劣化で錆の影響強く、この状態では穴あきの原因になります。

この状態では、塗装施してもすぐに剥離してしまう状態です。

2

費用面を考えて、塗装できる箇所と出来ない箇所で

塗装と張替えを分けてプランのご提案させていただきました。

3

軒天のシワや戸袋の劣化、トタン壁の釘を打ち込んでいる胴縁の腐朽等

全体的な劣化がでてきていました。

木部は定期的なお手入れをしてもあまり長く持たないのが難点です。

(最近では、丈夫で長持ちするアルミの戸袋が主流となってきています。)

今回は、大工・板金・塗装工事の施工をしていきました。

it6

施工事例

トタン壁の一部張替え

既存トタン壁の解体撤去を行い、木下地調整後に新規板金取付けを行っていきました。

5

freefont_logo_gennukigothicpheavyit8

トタン壁の塗装工事

下地調整後に下塗り(錆止め)を行い

ウレタン塗料で中塗り、上塗りと計3回塗りで仕上げていきます。

I12

freefont_logo_gennukigothicpheavy6

軒天カバー工事

下地調整後に4mmベニヤを既存の軒天を剥がさずに上張りしていきます。

外壁取合い部分にコーキングを打ち込み、ウレタン塗装で仕上げていきます。

it5

freefont_logo_gennukigothicpheavyit7

戸袋板金取付け

下地調整後に、外壁材と同様に新規の板金材を張っていきます。

4

freefont_logo_gennukigothicpheavy

itei11

全体的なビフォーアフター

外壁・屋根リフォーム工事内容

トタン壁張替え、トタン壁塗装、戸袋板金、軒天カバー、雨樋交換工事、屋根カバー工事

5

freefont_logo_gennukigothicpheavy

27
玄関正面部分
it11

freefont_logo_gennukigothicpheavy

it12

工事のまとめ

工事期間は約1か月と大きな工事となりました。

外壁塗装と外壁張替え工事がメインでしたが、一緒に屋根リフォームと修理も行っています。

20年間ノーメンテナンスで塗装ができない箇所もありましたが、

しっかりと現場調査を行い少しでも予算を抑えられるプランでご提案できたかなと思います。

メンテナンスが先延ばしのなればなるほど、大きな工事に発展してしまうので注意が必要です。

今回のこだわりは、いかに新規外壁材と塗装の色を合わせるかという所が課題でした。

どうしても板金材と塗料は色が異なってしまうので調色(塗料を混ぜて色を変える)が困難でしたが、

何度も確認して、違和感ない様に、キレイに仕上げれたと思います。

使用材料・保証期間

使用材料は、ニスクカラー金属壁を使用しています。ニスクカラーは耐久性に優れた

ガルバリム鋼板に遮熱または耐汚染機能を標準装備している壁材です。

塗装工事は、関西ペイントのセラMレタンを使用しています。

板金、塗装工事の保証期間は5年間となります。