横浜市青葉区のM様邸にて、外壁塗装工事を行いました。

築15年ほど経過した、モルタルとサイディング張りの意匠性のある外壁のお宅です。

それぞれの外壁材には、その適した塗料で施工を行っています。

外壁材の劣化状況

築10年経過してくると、目に見えて劣化症状がわかる箇所がコーキングのひび割れです。

伸縮して隙間が空いたり、ひび割れして雨水が入り込んでしまう原因となります。

日当たりの悪い箇所に発生するのが藻です。

外壁に緑色の藻が付着して、美観を損ないます。

モルタル壁の主な劣化症状の一つ、クラック(ひび割れ)です。

主に地震などの影響により外壁にクラックが発生します。

隙間から雨水が染み込んでモルタル材を傷めます。

外壁塗装の施工事例

外壁塗装には、必須な仮設足場を設置していきます。

高圧洗浄や塗料の飛散を防ぐために養生シートを張っていきます。

15年で外壁に付着した、汚れや藻を高圧洗浄で綺麗に洗い流していきます。

その後、サッシ廻りなどにビニール養生を行っていきます。

コーキング工事

高圧洗浄が完了したら、サイディング壁のコーキング工事を行っていきます。

既存の劣化したコーキング材を撤去していきます。

プライマー塗布後、新規のコーキング材(変成シリコン)を打込みます。

完全に乾く前にマスキングテープを剥がしていきます。

サイディング壁塗装

養生が完了したら、塗装工事を行っていきます。

初めに下塗りを入れていきます。

下塗り後に中塗りを入れていきます。

サイディングの本塗り材は、日本ペイントのパーフェクトトップを使用しています。

ラジカル制御塗料で、期待耐用年数15年以上とメーカーが発表しています。

中塗り後に、仕上げに上塗りを入れていきます。

モルタル壁塗装

モルタル壁では、ひび割れを補修して塗装を行っていきます。

サイディング壁同様に、下塗りを入れていきます。

擁壁もモルタル壁でしたので、一緒に仕上げています。

下塗り後、中塗りを入れていきます。

モルタル壁の本塗り材には、日本ペイントのインディフレッシュセラを使用しています。

砂壁状の外壁材に適したシリコン系のつや消し塗料です。

こちらも上塗りを入れて仕上げを行っていきます。

破風塗装(付帯部)

軒天塗装(付帯部)

雨樋塗装(付帯部)

霧除け塗装(付帯部)

ベランダ防水

既存の防水層がFRPでしたので、プライマー(下塗り)とトップコートを塗布して仕上げています。

擁壁塗装

モルタル壁と同様に、3回塗りで同じ塗料で仕上げています。

仕上がり完成

外壁塗装工事は、「外壁塗装・擁壁塗装、コーキング打替え、付帯部塗装、ベランダ防水」と、仮設足場が建つので基本的にすべてまとめて一式で行ってきます。

ビフォー

アフター

塗装の工事期間は、7日間でした。

工事のまとめ

外壁塗装は、お家の美観を維持するため、劣化を遅らせるために行っていきます。

外壁塗装の目安は、10年~15年くらいの間に行うのがベストです。

また、外壁材によって適切な塗料や、予算によっても塗料のグレードが異なってきます。

塗料のメーカーや種類は数多くありますので、知識がないと選ぶのが難しいです。

塗料の事で、ご不明点ありましたら、お気軽に轍建築にお問い合わせください。