横浜市保土ヶ谷区のN様邸にて、モルタル壁の塗装工事を行いました。

築20年目での2回目の塗装工事でした。

屋根のリフォームを行う際に、仮設足場が建つため一緒に外壁の塗装を行った事例です。

モルタル壁の劣化状況

細かいですが、前回の塗装から10年経過してくると、ひび割れが再発します。

主に地震などの影響で発生しますが、隙間から雨水が入ると内部を傷める原因となります。

コケや藻が発生していました。

日陰など日当たりの悪い面に発生しやすいです。

コケや藻の発生は建物の美観を損ないます。

シャッターボックスの錆が発生していました。

前回は、シャッターボックスの塗装はされていませんでした。

ボックス部分だけ、鉄部なので塗装は必要です。

霧除けの鉄板の塗膜も劣化してきます。

塗装工事の施工事例

全体的に仮設足場を設置していきます。

N様邸は、単管足場で設置しました。

メッシュ養生を行い、高圧洗浄(水洗い)でモルタル壁面を綺麗に洗い流していきます。

高圧洗浄後に養生を行い、塗装工事に入っていきます。

使用材料は、日本ペイントのパーフェクトトップを使用しています。

1回目に下塗り(パーフェクトフィーラー)を塗っていきます。

モルタル壁と本塗り材の密着を高めるために塗っていきます。

下塗り後、2回目に中塗り(パーフェクトトップ)を塗っていきます。

刷毛とローラーを使用して手塗りで仕上げていきます。

中塗り完了後、3回目に上塗り(パーフェクトトップ)を再度塗っていき仕上げていきます。

2回以上塗ることによって、塗膜に厚みが出て、美観と耐久性が向上していきます。

付帯部分の塗装

破風板の塗装を行っていきます。

雨樋の交換も行ったので、先に雨樋を解体してから破風板の塗装を行っています。

シャッターボックスもボックスの部分だけ塗装を行っていきます。

基礎と外壁の取合いにある水切り部分も塗装を行っていきます。

塗膜の劣化していた霧除けの鉄板も再度塗装していきます。

モルタル壁の塗装と付帯部分の塗装が完了したら足場を解体して終了です。

足場を解体する前に、万が一の塗り残しや液だれが無いかの最終確認を行います。

さらに解体後も再度確認を行って清掃をしていき完全に終了となります。

工事のまとめ

工事期間は、7日間の作業でした。

モルタル壁は一度塗装を行っても塗膜が劣化するとひび割れや藻などが発生して、耐久性や美観が低下します。

耐久性や美観を維持するためにも定期的な塗装が必要となります。

使用塗料については、モルタル壁に塗る塗料では、ニッペのパーフェクトトップはおススメです。

ラジカル制御塗料で期待耐用年数も15年のため、メンテナンスコストが下がります。

塗装工事では、施工時期や塗料選びがとても大切です。

施工時期や塗料選び・施工方法について、ご不明点やご質問等ありましたら、お気軽に轍建築にご相談ください。