横浜市都筑区のI様邸で外壁の塗装とコーキングの打ち替えを行いました。

また、夏場の暑さ対策として、外壁材に遮熱塗料を使用した施工を行っています。

I様邸と同様の劣化状況や建物の構造・外壁材の方は参考にしてみてください。

外壁の劣化状況

外壁材の塗膜が色あせており、防水機能が低下していました。

手で触ると、白い粉が付着します。

また、細かいひび割れが発生しており、雨水が隙間から染み込み外壁材を傷める原因となっています。

目地コーキングが伸縮して、隙間の発生や亀裂ができています。

目地コーキングは、サイディング材の継ぎ手箇所からの雨水の侵入を防ぐための防水施工箇所です。

劣化して隙間が発生すると、内部に雨水が入り込んでしまいます。

外壁材にコケや藻が発生していました。

美観を損ない、菌なども繁殖します。

外壁塗装の施工事例

仮設足場を設置していきます。

足場の部材は、単管で組み立てを行っていきました。

狭い箇所でも、比較的柔軟に設置しやすいです。

仮設足場の設置後に、高圧洗浄を行っていきます。

隣家の車の養生や洗濯物が干されていないかの確認を行ってから作業に入ります。

準備が完了したら、高圧洗浄を行っていきます。

上から順々に、外壁材を綺麗に洗っていきます。

コケや藻も高圧洗浄で取り除いていきます。

コーキング工事

翌日、外壁材が乾いてからコーキング工事を行っていきます。

マスキングテープで、施工する目地に養生を行っていきます。

古いコーキング材をカッターで撤去していきます。

プライマー塗布後、新しいコーキング材を目地に打ち込んでいきます。

打ち込んだコーキングをヘラ等で綺麗に整えていきます。

マスキングテープを取り除いて、コーキングの打ち替え完了です。

縦の目地のコーキングは打ち替えを行いますが、サッシまわりの目地は増し打ちを行っていくことが多いです。

外壁の塗装工事

サッシまわり、玄関扉にビニール養生を行っていきます。

養生が完了したら外壁の塗装を行っていきます。

今回の使用材料は、日本ペイントの水性サーモアイウォールを使用していきました。

遮熱性のある塗料のため、太陽の紫外線を反射して、室内温度を和らげてくれます。

下塗りに水性サーモアイウォールシーラーを塗っていきます。

中塗りに水性サーモアイウォールを本塗りしていきます。

上塗りに再度、水性サーモアイウォールを塗って仕上げていきます。

付帯部分の塗装工事

軒天箇所の塗装(2回塗り)

ガレージの天井(2回塗り)

雨樋の縦部分(2回塗り)

雨樋の横部分(2回塗り)

破風板の塗装も行っていきます。(2回塗り)

擁壁の塗装工事

色あせてきた擁壁の塗装も行っていきます。

養生を行い下塗りを行っていきます。

外壁材の色と合わせて、中塗り・上塗りを行っていきます。

擁壁の塗装を行うことによって、外壁がより引き立ちます。

仕上がり完成

仮設足場を解体して、清掃を行い完了です。

工事期間は、7日間でした。

ベランダの部分を色を変えて、ツートンカラーで仕上げました。

BEFORE

AFTER

工事のまとめ

外壁塗装は、美観の向上もそうですが耐久性能を維持するために必要な工事となります。

お家を長持ちさせるためには、定期的に塗装を行うことが大事です。

近年では塗料の種類も増えており、耐久性の違い以外にも付加効果(遮熱性・断熱性)の違いもあるので希望のある塗料を選んでいくと良いと思います。

轍建築では、横浜市都筑区に拠点を置き、横浜・川崎にて工事を行っております。

ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください。