横浜市都筑区のK様邸にて、外壁の塗り替えを行いました。

外壁全体の塗装によるリフォーム行っています。

外壁の劣化状況

外壁材にクラック(ひび割れ)の発生です。

モルタルは、地震などの影響でひび割れが生じやすいです。

塗膜の剥離の発生です。

紫外線の影響で、表面の塗膜は劣化して剥離します。

外壁の塗り替え施工事例

全体的に、仮設足場を組んでメッシュシートを張っていきます。

高圧洗浄を行うための準備(養生)を行います。

高圧洗浄で外壁材をきれいに洗い流していきます。

高圧洗浄後に、窓まわりなどにビニール養生を行っていきます。

ひび割れに対して、穴埋め補修を行っていきます。

外壁の塗装

下地処理の準備が完了したら、塗装を行っていきます。

今回の使用材料は、SK化研㈱のアートフレッシュを使用していきました。

艶消しで、土壁風のデザインを生かして、質感維持が可能となります。

高耐久で微弾性・防カビ、防藻効果を発揮します。

下塗りを入れていきます。

外壁材がシーラーをしっかりと吸い込ませます。

下塗りが完了したら、中塗りを入れていきます。

中塗りが完了したら、最後に上塗りを入れて仕上げていきます。

付帯部の塗装

破風・軒天も外壁材同様の塗料にて塗装していきます。

水切りに錆止めの塗料を塗布していきます。

錆止め後に、ウレタン塗料を塗布していきます。

霧除けも同様に錆止めを入れていきます。

ウレタンのクロ系を塗布して仕上げを行っていきます。

雨樋はウレタン2回塗りを行っていきます。

下塗り後に乾いてから、もう一度上塗りを行い仕上げます。

擁壁の塗装

擁壁の塗装も行っていきました。

外壁材と同様に、水洗いを行って、下塗り、中塗り、上塗りと3回塗りで仕上げていきます。

3回塗ることで塗膜に厚みが出来て、色合いもきれいに仕上がってきます。

仕上がり完成

最終確認を行って、仮設足場を解体したら完了です。

色合いは施工前と同系色で仕上げました。

工事期間は、10日間でした。

工事のまとめ

今回、ひび割れに強く、質感が残るアートフレッシュで仕上げましたが、同系色で艶消しの場合には、外壁を近くでみないと変化があまりわからない場合もあります。

施工前とほとんど見た目を変えたくない場合にはおススメです。

ですが、施工した感じを出したければ、色を変えたり・艶ありで仕上げたほう変化もありピカピカになります。

劣化状況の確認や仕上がり後のイメージを行って、適正塗料を選んでいくと、満足いく工事につながると思います。