横浜市保土ヶ谷区のK様邸にて、外壁材の張替えと霧除けのカバー工事を行いました。

外壁材は、木板で経年劣化によって傷み、強風で剥がれ落ちてしまいました。

剥がれた箇所は2F部分で、梯子も建てられない箇所でしたので応急処置もでないので、急いで工事を行っていきました。

劣化状況

木板が傷み、反りあがっていました。

他の箇所もいつ剥がれ落ちてもおかしくない状態でした。

その他、霧除けの破風部分が腐って、そこから雨水が侵入して軒が傷んでいました。

外壁の張替えと霧除け補修の施工事例

外壁の張替え

2F部分のため、仮設足場を設置していきます。

施工箇所が2面のため、L字型で単管にて足場を組んでいきました。

今回、外壁材が剥がれたのは1箇所ですが、今後も他の箇所が同様に剥がれる可能性があるため、全体的に張替えを行っていきます。

まずは既存の外壁材を剥がして、下地の調整を行っていきます。

解体後に、胴縁に新規でベニヤを張っていきます。

ベニヤを張ったら、新しい外壁材(トタン壁)をベニヤに張っていきます。

新しい外壁材を張ったら、その他と色合いを合わせるため塗装していきます。

現地にて、調色したウレタン塗料を刷毛やローラーで新規外壁材に塗布していきます。

外壁材を計3回塗り、霧除けのトタン部分も塗装を行って外壁の張替え工事の完了です。

霧除けの補修

霧除けの破風と軒天の部分を補修していきます。

まず、霧除けの軒天部分に、3mmベニヤを上張り(カバー)していきます。

ボンドとタッカーでベニヤを全面に張り上げていきます。

窓枠との取り合いにはコーキング、ベニヤの継ぎ手にはパテ処理を行ってきます。

最後に、ベニヤ部分にケンエースを2回塗って完了です。

傷んだ破風部分には、コーキング処理をおこなって穴埋めを行い塗装で仕上げていきました。

今回は、霧除けの補修でしたが、劣化状況によって様々な施工方法もあります。

腐りが激しい場合には、解体して新設することもあります。

また、霧除けのトタン部分や破風部分にガルバリウム鋼板を張ってカバーしていく方法もあります。

まとめ

木は、塗装によるメンテナンスを行っても年々劣化速度は早くなり、腐り雨漏りしてきます。

今回のように、気づいたら外壁材が剥がれてしまったり、雨漏りしてしまうケースもあります。

築年数が経過したら、定期的に劣化状況の点検をコマめに行ったり、台風後は全体的に問題ないか確認していくと良いです。

塗装工事だけでは限界があるため、劣化状況によって木部の交換や張替え、板金によるカバーがおススメです。

轍建築では、緊急時に迅速な対応を行っていますので、何かの時にはお気軽にお声がけご相談ください。