横浜市都筑区のY様邸にて外壁塗装工事を行いました。

築10年目で、外壁材は塗り壁のジョリパッド壁です。

今回、外壁材の色あせや付帯部分が劣化してきたため外壁塗装を行う形となりました。

劣化状況

外壁材に汚れやカビなどが付着していました。

サッシまわりの取り合いにひび割れが発生していました。

水切りの劣化が進んで、錆が発生していました。

破風板が、剥離していました。

雨風や日焼けによるものです。

外壁塗装の施工事例

外壁塗装

外壁塗装工事では、仮設足場の設置を行い、高圧洗浄を行っていきます。

その後、養生を行い下塗りを行っていきます。

下塗り後、中塗りを行っていきます。

細部は刷毛で塗装していきます。

使用塗料は、SK化研のアートフレッシュを使用しています。

アートフレッシュは、セラミックシリコン塗料です。

塗り壁の素材感を生かしたまま塗装を行える仕上げ材です。

防カビや防藻などの効果もあって、綺麗な美観を維持していきます。

中塗りが完了したら、上塗りを行っていきます。

アートフレッシュを2回塗ることによって、厚みが出来て耐久性・美観が高まります。

サッシまわりからの雨漏りケースも多いです。

ひび割れ等を補修して、塗膜で保護していきます。

付帯部の塗装

破風板・軒天も塗装を行っていきます。

SK化研 クリーンマイルドウレタン2回塗り

雨樋はウレタン塗料2回塗っていきます。

換気フードは下地調整後に錆止めを入れて、ウレタン塗料で仕上げていきます。

水切りも、下地調整後に錆止めを入れて、ウレタン塗料で仕上げていきます。

最終確認を行って、仮設足場を解体して完了です。

工事のまとめ

今回は、新築時からの初めての外壁塗装工事でした。

初の塗装で塗料の吸い込みが多く、手間や材料費がかかりました。

工事期間は、10日間程でした。

アートフレッシュを使用したことによって、新築時の美観を再現することが出来て耐久性も向上しています。

塗り壁は左官仕上げのため、デザイン性に優れています。

デメリットは、汚れやカビが目立ちやすく、ひび割れも出やすいです。

塗り壁の外壁塗装は、10年サイクルで行うことがおススメです。

外壁塗装のご相談・お見積りはお気軽に!

轍建築では、外壁塗装工事のご相談やお見積もり対応を無料で行っています。

また、的確なプランのご提案をさせていただきます。

外壁塗装は、費用・相場・塗料の種類・施工方法などお家によって内容は様々です。

ご不明点等ありましたら何でもお気軽にご相談ください。