横浜市南区のS様邸にて、外壁塗装、コーキング工事を行いました。

外壁塗装は、モルタル、サイディング3度塗り、コーキングは、ジョイント打替え、サッシまわりの増打ちを行っています。

劣化状況

コーキング材の劣化が進行して、目地の隙間から雨水が侵入してサイディング材を内部から傷めていました。

サイディング材の劣化が進むと表面の剥がれや、割れがでてきます。

劣化が酷くなると、塗装を行っても剥がれやすく効果が低くなってしまうため、交換する必要性がでてきます。

そうなってしまう前に、塗装によってサイディング材を保護して素材の劣化を遅らせていきます。

サイディング材の細かいひび割れが発生していました。

隙間から雨水が侵入してしまいます。

モルタル壁のひび割れが発生していました。

サイディング同様に、隙間から雨水が侵入して壁面内部を傷めます。

軒天(ケイカル板)の劣化が進んでいました。

経年劣化によって雨漏りの原因にもなります。

施工事例

サイディング壁では、塗装の前にコーキング工事を行っていきます。

ジョイント部の縦目地に関しては、既存のコーキング材を撤去して養生を行っていきます。

サッシまわりは、既存コーキングを残し養生を行っていきます。

プライマー塗布後に、新規のコーキング材を打ち込んでいきます。

サッシまわりも同様にコーキングを打ち込んでいきます。

完全に乾いてしまう前に、養生を剥がしていきます。

サッシまわりも同様です。

コーキング工事が完了したら、塗装を行っていきます。

下地にシーラーを塗っていきます。

シーラー(下塗り)に、本塗り(中塗り)を塗っていきます。

本塗り(中塗り)後に、もう一度本塗り(上塗り)を行い仕上げていきます。

外壁の塗装後に、付帯部分の塗装に入っていきます。

シャッターBOX部分に、ケレン後に錆止めを塗っていきます。

出窓部分も同様に錆止めを塗っていきます。

錆止め後に、本塗り(上塗り)を塗って仕上げていきます。

出窓部分も同様に仕上げていきます。

破風板、軒天も塗装を行っていきます。

雨樋も下地調整後に、本塗り(下塗り・上塗り)を塗って仕上げていきます。

付帯部分を仕上げて確認を行って完成となります。

工事のまとめ

外壁塗装は、雨水の侵入を防ぎ、建物を長持ちさせるためにとても必要な工事です。

先延ばしが続くとその分、リフォーム費用も大きくなってしまう場合があります。

築10年経過したら、外壁、目地、付帯部分の劣化状態を確認して、外壁塗装の計画を立てて準備を行っていくと良いと思います。