横浜市港北区のK様邸にて、外壁塗装を行いました。

築10年目のお宅で、外壁材がタイル調サイディング壁のため、

既存のデザインを生かしていく為、クリヤ塗装にて施工を行っています。

クリヤ塗装は外壁材の劣化が進行し過ぎてしまうと、傷みが消えない為、

見栄えが悪く、メーカーでは築10年目までの使用が推奨されています。

今回は、クリア塗装とコーキング、木部鉄部の塗装の施工事例をご紹介します。

劣化状況

外壁材にひび割れが発生していました。

隙間から、雨水が入って内部を傷めます。

ひび割れ箇所は、コーキング補修を行っていきます。

縦目地のコーキング材の劣化が発生していました。

伸縮して、隙間が生じてきています。

破風板の塗膜が色あせしていました。

同じく防水機能も切れてきているので、塗装のメンテナンスが必要です。

雨樋が、日焼けで色あせています。

紫外線が当たる側と、当たらない側の色の違いがはっきり出ています。

雨樋も経年劣化により割れやすくなってしまいます。

施工事例

工事着工前は、ご近隣の方にご挨拶を行っていきます。

初日に、仮設足場を設置していきます。

今回は、単管足場を使用しています。

仮設足場設置後に、高圧洗浄を行い、その後各種養生作業に入っていきます。

外壁の塗装作業に入っていきます。

使用塗料は、日本ペイントのUVプロテクトクリヤーを使用していきます。

つや有の外壁材コーティング塗料です。

まずは、下塗りを入れていきます。

下塗り後に乾いたら、もう一回上塗りをいれていきます。

外壁のクリヤ塗装の完了です。

日に当たると、とても光沢感がでてきます。

付帯部分の塗装に入っていきます。

軒天の一回目の塗装です。

一回目の塗装が乾いたら、最後塗装していきます。

軒天塗装の完了

換気フードも錆止めを塗布して、塗装を行っていきます。

雨樋も塗装していきます。

雨樋塗装の完了

破風板も塗装を行っていきます。

破風板はとくに紫外線の影響を受けやすく劣化しやすいです。

下塗り後、中塗り、上塗りと3発塗装していきます。

破風塗装の完了

コーキングの打ち替え工事を最後に行っていきます。

古くなったコーキング材を撤去して新しいコーキングを打ち込んでいく作業です。

仮設足場の解体を行い全行程の完了です。

工期は10日間で仕上がりました。

工事のまとめ

クリヤ塗装は、塗りつぶしの塗装ではなく、既存のデザイン性をそのまま残すことできます。

このデザインが良くて、この外壁材を選んだ方には、とてもおススメです。

注意点は、10年を過ぎてくると使用が難しくなってしまう事です。

そのため、クリヤ塗装を行うのであれば、築10年以内に塗装を行っていくと良いと思います。