横浜市南区のT様邸にて、目地コーキングと各種塗装工事を行いました。

築10年目で、今回が初めての塗装工事となります。

全体的に目地コーキングの劣化を中心に、外壁のひび割れ、剥離が発生していました。

今回は、目地コーキング作業の施工事例を中心にご紹介します。

劣化状況

コーキング材の伸縮して、内部がみえています。

隙間から雨水が入り込み内部を傷める原因になります。

目地コーキングジョイントまわりの外壁材が傷んできています。

目地の隙間から、水が入り込み外壁材の傷みが進行しています。

モルタル壁のひび割れを確認しました。

地震などで、ひび割れが発生します。

隙間から、水が染み込むと内部を傷める原因になります。

施工事例

各種養生

仮設足場と高圧洗浄を行ったら、全体的に養生を行っていきます。

目地コーキング工事

ジョイント部分のコーキングを打ち替えていきます。

目地の両面にマスキングテープにて養生を行い、既存のコーキング材を撤去します。

その後、新規のコーキング材を打ち込んでいきます。

新規のコーキング材を打ち込んだら、ヘラでキレイにならして整えます。

養生を剥がしていきます。

養生を剥がした後に、外壁塗装と一緒にコーキングを塗装していきます。

上から塗装が行えるように、材料は専用の変性シリコンを使用していきます。

サッシまわりのコーキングも行います。

サッシまわりの場合は、上から重ねる増し打ちで仕上げることが多いです。

コーキング増し打ち後に、また外壁と一緒に塗装を行っていきます。

外壁がクリヤ塗装の箇所は、最後にコーキングを打ち込んでいきます。

外壁塗装

下塗り、中塗り、上塗りと外壁は3回塗りで仕上げていきます。

破風塗装

下地調整後に、シーラー塗布後に中塗り、上塗りと仕上げます。

軒天塗装

軒天塗装は2回塗りで仕上げています。

雨樋塗装

雨樋も下地調整後に2回塗りで仕上げていきます。

シャッターBOX塗装

鉄部は、錆止め塗布後に中塗り、上塗りと仕上げます。

完了写真

仮設足場を解体して完工です。

足場後にしっかりと清掃を再度行っていきます。

工事のまとめ

目地コーキングの寿命は6年~8年と言われています。

外壁塗装よりも、耐久年数が少なく劣化が進行しやすい箇所です。

そのため稀に、コーキング工事のみ施工されるお宅もいます。

コーキングが劣化して放置してしまうと、雨漏りの可能性も高まるので、

定期的なメンテナンスと点検を行い、コーキングの劣化には注意していく事が大事です。