横浜市神奈川区のH様邸にて外壁塗装、コーキング、付帯部の塗装を行いました。

外壁塗装では、クリヤ塗装と塗りつぶし(顔料)が入った塗料と、

1,2Fで、分けて2色での塗装で仕上げています。

また、細かい付帯部分の継ぎ手や、目地コーキングをしっかりと防水施工しています。

今回は、H様邸の外壁塗装の施工事例をご紹介いたします。

劣化状況

外壁材を触ると、白い粉が発生して塗膜の防水効果が切れていました。

軒天井は、雨染みなど経年劣化しています。

帯板の継ぎ手の劣化を確認しました。隙間から水が侵入して素材を傷めます。

施工手順

【施工前】

各種養生

仮設足場を設置して、高圧洗浄を行ったら、養生に入っていきます。

アルミ部分などに、外壁塗料が付着しないよう見切っていくためです。

目地コーキング工事

塗りつぶしの顔料塗料で、サイディング塗装を行う場合には、

先に目地コーキングを仕上げていきます。

養生を行い、既存コーキング材を撤去して、新規コーキングを打ち込みます。

タイル調サイディングで、クリヤ塗装を行う場合には、

先に、外壁を塗装してからコーキングを打設していきます。

まず、マスキングテープで養生していきます。

古い既存のコーキング材を撤去していきます。

撤去後に、プライマー塗布後、新規のコーキングを打ち込んでいきます。

最後に、養生を剥がして完了です。

外壁塗装工事

まずは、下塗りを塗っていきます。

外壁材と、本塗り材の密着を高めるために塗布していきます。

下塗り施工後に、中塗りを入れていきます。

今回の使用塗料は、SK化研プレミアムシリコンを使用しています。

中塗りが乾きましたら、再度本塗りの塗料を 塗っていきます。

下塗り・中塗り・上塗りと計3回塗りが基本で、

劣化状況に応じて、4回塗りする場合もあります。

クリヤ塗装の場合は、透明なコーティング剤を2回塗っていきます。

SK化研のクリーンSDトップを使用しています。

下塗りで、しっかりと外壁材に塗料を吸収させます。

乾いたら、再度もう一度上塗りしていきます。

付帯部分塗装工事

破風板の継ぎ手部分の隙間が劣化していたのでコーキングを打ち込んでいます。

その後、シーラーを塗布してウレタン塗料を塗っていきます。

乾いたら、再度ウレタン塗料を塗って計3回塗っていきます。

雨戸もケレン作業を行い、塗装していきます。

最終確認をして問題がなければ足場を解体して完了です。

【施工後】

工事まとめ

外壁塗装でも、外壁材の種類によっても施工手順が変わってきます。

順番を間違えると、その効果を発揮せず劣化スピードが早くなります。

また、細かい隙間などにコーキング処理を行っていくことで、

より防水効果を高めることに繋がります。

外壁塗装のことで、ご不明点や気になる事がありましたら、

轍建築までお気軽にお問合せ下さい!