横浜市南区のA様邸にて、外壁塗装とコーキング工事を行いました。

外壁材が、3種類使用されていてとてもオシャレなお家です。

ですが、築10年目を迎えて、細かい箇所の劣化が始まり、

外壁材の防水機能が低下して雨水の影響を受けていました。

今回は、外壁塗装とコーキング工事の施工事例をご紹介いたします。

劣化状況

外壁材と付帯部分の劣化進み、外壁材の剥離、破風板のひび割れ・止め釘の錆びを確認しました。

このままでは、腐朽して雨漏りの原因となってしまいます。

コーキング材が伸縮して劣化していました。

隙間から雨水が入り込んで内部を傷める原因となります。

施工事例

外壁塗装では、仮設足場の設置と高圧洗浄をはじめに行っていきます。

その後、窓まわりや、ガラス、玄関回りなどアルミ部分にビニール養生を行っていきます。

塗装しない部分には、養生を行います。

古いコーキング材は、一度撤去して新しいコーキング材を打ち込んでいきます。

塗りつぶしの場合には、先にコーキングを打ち、その後塗装で仕上げていきます。

サッシまわりのコーキングも新しく打ち込んでいきます。

タイル調サイディング壁の塗装に入ります。

クリヤ塗装といわれる、透明な塗料で外壁材をコーティングしていきます。

まずは、下塗り(1回目)を塗っていきます。

下塗りが乾いたら、2度目の上塗りをして完了です。

モルタル壁の部分は、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗りで仕上げていきます。

まずは、下塗り(シーラー)を入れていきます。

本塗りの塗料と外壁材の密着効果を高めるために塗装していきます。

下塗り後に、中塗りを入れていきます。

丁寧に、ムラができないように仕上げていきます。

下塗りが乾いたら、上塗り(仕上げ)を塗っていきます。

(写真では、1階と2階で色を分けているため少し色が違います)

クリヤー塗装が完了したら、最後にコーキングを打ち込んでいきます。

まずは、古い目地コーキングを剥がしていきます。

目地部分にプライマー塗布後に新規のコーキングをそのまま2面接着で打ち込んでいきます。

全体的に、最終確認を行い問題がなければ足場を解体して完了です。

まとめ

工期は2週間程かかりました。

外壁材の種類によって、作業工程や塗料の種類も変わってきます。

それぞれに弱点があり強みもありますが、

劣化すると雨漏りの原因となる点に関しては変わりありません。

しっかりと適切な時期に適切な外壁塗装とコーキング工事を行っていく事が、

雨漏りを防ぎ、お家が長持ちする要因となります。