横浜市南区M様邸にて、外壁塗装、コーキング、ベランダ防水工事の施工を行いました。

築20年目で、前回の塗膜の劣化(チョーキング)の発生とコーキング材が劣化しており

今回が2回目の外壁塗装工事でした。

建坪は60坪あり、工期は2人で半月程かけて丁寧に施工を行いました。

屋根に関しては、屋根カバー工事を行っています。

DSC06948

劣化状況

コーキング材が伸縮して隙間ができていました。

サイディングのコーキングは、打ち替え後も7~8年ほどで劣化が始まります。

隙間が生じるとそこから雨水が侵入して内部を傷めてしまいます。

DSC06953

ベランダの防水塗膜の劣化が発生していました。

ベランダの床部分の塗膜が劣化すると外壁同様にチョーキング現象や塗膜のひび割れが起きます。

ベランダの床は劣化すると、直接雨水が内部に入ってしまうので、

雨漏りした場合の影響は大きく定期的なメンテナンスが必要となります。

DSC06957

施工手順

仮設足場を設置後に、高圧洗浄(水洗い)を行い、約10年分の汚れをキレイに洗い流していきます。

DSC08084

高圧洗浄で汚れを洗い流したら、一日程乾かしていきます。

翌日から、サイディング壁の壁と壁の継ぎ手部分にあるコーキングの打ち替えを行っていきます。

既存の古いコーキング材を一度剥がしてから、新しいコーキング材を打ち込んでいという流れです。

DSC08050

次に、ビニール養生を行っていきます。サッシ周りのアルミなど、

地面にブルーシートなどを引き作業の効率及び、キレイに仕上げるために養生を行います

DSC08056

養生が完了したら、外壁の塗装に入っていきます。

一発目は、下塗りの塗料のシーラーを入れていきます。

これは接着塗料でもあり、壁と本塗りの塗料が密着しやすいようにするために塗っていきます。

DSC08079

下塗りが完了したら、中塗りを入れていきます。

今回の本塗りの塗料材はSK化研のプレミアムシリコンという塗料を使っています。

DSCN0200

中塗りをぐるっと全体的に仕上げたら、乾くまで待ち(もしくは翌日)、

3発目の上塗りを仕上げていきます。

仕上げになりますので細かい箇所までしっかりと確認を行いキレイに仕上げていきます。

DSCN0199

その後、木部鉄部の付帯部分を仕上げていきます。

施工箇所は破風板、軒天、雨戸、雨樋、水切りなどです。

DSCN0221

木部鉄部と同時進行でベランダの床部分の防水を行っていきます。

すでにFRP防水が施工されていますので、上にシーラーとトップコートという防水材を塗っていきます。

DSC08051

最後に、最終チェックや掃除を行い完了となります。

DSCN0239

まとめ

前回メンテナンスから10年での外壁塗装工事でしたが、

やはり10年前後で塗膜とコーキングの劣化のスピードが一気に上がります。

そのため今回の工事は、凄く良いタイミングでの施工であったと思います。

定期的なメンテナンスが将来的なランニングコスト、お家の寿命に影響を与えます。

「そろそろかな」と、思われた場合には、まずは専門家にご相談してみることがおススメです。