横浜市戸塚区K様邸にて外壁塗装工事を行いました。

築10年目過ぎのお宅で、30坪のモルタル壁のお宅です。

「外壁のひび割れ」「化粧板部分の剥離」が発生して、

メンテナンスの時期がきていました。

まだ、内部への水の侵入が少なく、躯体などの傷みはないので

外壁塗装をしっかりと行いこれ以上の劣化を防いでいきます。

劣化状況

化粧板の継ぎ手の傷み、割れが発生していました。

隙間から内部に水がまわって腐朽する原因となります。

ku1

モルタル壁のひび割れが発生していました。

上記同様に、水の侵入で内部を傷めます。 

ku2 - コピー

藻そうが発生しており、外壁材が雨水を吸収しています。

ベランダ床のモルタル部分のひび割れは、雨漏りの原因ともなります。

今回、外壁塗装と一緒にベランダ防水を行っていきます。

ku4 - コピー

これ以上放っておくと、塗装工事だけでなく大工工事等も絡んできます。

劣化状況から、外壁塗装のベストな時期に入っています。

施工事例

仮設足場の設置後に、各種養生を行っていきます。

ku6 - コピー

養生後に、下塗り(シーラー)、中塗り、上塗り(仕上げ)と

外壁塗装を行っていきます。 

ku7

木部鉄部の塗装工事も行い、足場を解体して完了です。

ku8 - コピー

ベランダ防水の仕上がり

ひび割れ箇所に、コーキングを行い、下塗り(プライマー)

中塗り(ウレタン防水)、上塗り(トップコート)と仕上げています。  

ku5 - コピー

BEFORE

4

freefont_logo_gennukigothicpheavy

AFTER

3

工事のまとめ

前回と同じ色でご指定を受け、出来るだけ近い色を選び仕上げました。

綺麗に仕上がり施主様にも喜んでいただけました。

今回、ぱっと見ただけでは判断できないような劣化や傷みが多数ありましたので、

築10年目というタイミングでの外壁塗装は良い時期であると思います。

美観もそうですが、塗装は外壁材を雨水から守るという事が一番の目的となります。

しっかりと、定期的な点検とメンテナンスを行っていくことが大事です。

轍建築では、外壁塗装の点検調査、費用のお見積もりは無料で行っていますので、

劣化状況で気になっている方はお気軽にお問合せ下さい。

使用材料・保証期間

使用材料はSK化研のプレミアムシリコンを使用しています。

期待耐用年数は15年~18年とちょうど、フッ素とシリコン系塗料の間くらいの使用となります。

仕上がりも綺麗でおススメな塗料です。

外壁塗装工事は5年保証となります。