お家のまわりが木々に囲まれているお宅では、あるお悩みが出ます。

それは、枯れ葉や泥や砂によるによる住居の掃除です。

掃除してもすぐに、汚れてしまい大変な作業です。

ですが、掃除よりも頭を悩ませるのが、雨樋の枯れ葉・泥による詰まりです。

1Fの屋根など、手で届く範囲は掃除が出来ても、

2Fの屋根の雨樋は、なかなか掃除が出来ません。

一度、何とか清掃してもすぐに枯れ葉が雨樋に詰まって大変です。

枯れ葉が雨樋に詰まると、屋根から流れ出た水が雨樋に落ちてきても

雨樋から地上まで正常に水が流れずに、オーバーフロー(水漏れ)が起きます。

また、枯れ葉が邪魔して溜まった泥も下まで流れずに、詰まりは大きくなり

重みで雨樋が傷み最悪は割れてしまいます。

また、水漏れの影響で絡んでいる木部(破風板・軒天)などの

劣化スピードも早くなってしまいます。

枯れ葉除けネットで詰まりの解決!

頭を悩ませる雨樋の枯れ葉の詰まりですが、解決方法があります。

それは、雨樋に枯れ葉除けのネットを取付ける事です。

枯れ葉除けのネットを取付ければ、隙間から雨水のみを通し(砂は入ります)

枯れ葉の雨樋への侵入を防ぐことが出来ます。

一度、取付を行ってしまえば、雨樋の劣化や止め金具が劣化しない限りは、

雨樋の詰まりの心配や掃除の手間はなくなります。

枯れ葉ネットの取付け

雨樋に溜まった、枯れ葉や泥をキレイに取り除いていきます。

高圧洗浄などで、屋根塗装や外壁塗装と一緒に洗うとよりキレイになります。

雨樋の長さに合わせて、ネットをカットして

前樋に隙間が出来ない様に、しっかりとネットを張っていきます。

もちろん、軒樋の部分だけではなくて集水器にもネットを張っていきます。

1F部分は、いつでも取付け可能ですが、

2F部分に関しては、仮設足場がないと枯れ葉ネットの取付けはとても困難です。

枯れ葉ネットだけのために、仮設足場を設置するのは費用がもったいないので、

出来れば、雨樋の交換する際や、他の屋根塗装や外壁塗装などの工事と一緒に

枯れ葉ネットを取付けてあげると良いと思います。

集水器の部分にだけ、枯れ葉ネットを取付けするだけでも、

竪樋の水の詰まりを防げるので効果的です。

まとめ

現在では、ホームセンターなどでも枯れ葉ネットは普及し始めて

様々な種類のものが販売されてきています。

ご自身でも安全面で問題なければ簡単に取付けすることもできます。

2Fなどで危険な場合は、他のリフォーム工事と一緒に取付けするのがおススメです。

もちろん、単体での取付けも行っていますので、

お悩みの場合は、お気軽に轍建築までご相談ください。

取付を行えば、掃除する手間がなくなりますので、とても便利になると思います。