横浜市南区のT様邸にて雨樋の交換を行いました。

約2年前の屋根に積もった雪の重みで、雨樋に負荷がかかり、

割れや歪みを起こして水がしっかり流れなくなっていました。

雨の時には、水漏れで下に水が落ちて地面に水が溜り、騒音の発生に悩まされます。

今回は雪害の影響という事で、保険屋さんに連絡を行い、

審査をしてもらったところ、火災保険が適用されて、その費用で工事を行っています。

劣化状況

雨樋の水漏れ、オーバーフロー、歪みの被害

雨樋が逆勾配となり、雨がやんでもずっと水が溜まった状態でした。

雨の日は、ここから水がオーバーフローしていました。

tg3

雨樋の歪みで、水漏れを起こしていました。

ちょうど玄関上の雨樋のため、玄関入口の上から

雨水が落ちてきて施主様もお困りでした。

今回は、全体的な傷みがありましたので、ぐるりと一周の雨樋交換工事を行いました。

tg2

施工事例

既存雨樋と金物、集水器を全て解体撤去していきます。

その後、水糸にてレベル調整を行い新規金具の取付を行っていきます。

tg16

レベル調整が完了しましたら、新規の軒樋を取付けていき、一緒に集水器も取付けていきます。

tg19

最後に縦樋を取付けて、細かい継ぎ手部分を接着ノリで固定していきます。

水を流してしっかりと水が流れるのかを確認して完了となります。

tg21

下屋根の雨樋取付けの写真です。

tg17

工事のまとめ

工事期間は2日間の作業でした。大屋根、下屋根の雨樋を一式交換しましたが、

保険がおりた事ですべてその費用で工事ができました。

これで、雨樋からの水漏れがなくなり、施主様にもご安心いただけました。

ですが、2年前みたいなすごい雪がまた積もってしまうと、

残念ながら、また同じことになってしまう可能性はあります。

その為、その都度雨樋の修理を実費で行っていたら費用がかかるので

雪害時は、手続きが大変ですが保険での

雨樋工事を行っていく事がおススメです。

使用材料

使用材料はエスロンの丸樋を使用しています。

色は新茶で和風の家には非常にデザイン的に合うと思います。

雨樋の保険の事でご不明点や気になる事がありましたら、お気軽にご相談ください!