横浜市港北区のS様邸にて雨樋交換工事を行いました。

築30年ほどで、雨樋のメンテナンス(塗装)を行われてきていましたが、

素材自体の寿命がきていたため交換する事になりました。

雨樋も屋根材と同じく、経年劣化による寿命がきます。

築20年以降は注意が必要になります。

劣化状況

雨樋の内側の塗装されていない部分で劣化状況が判断できます。

表面がボロボロ剥がれてきたり、歪んできたリ、継ぎ手が外れていたりします。

今回は、継ぎ手の剥がれと錆による劣化が進行していました。

この状態では、穴が空き雨樋が機能しなくなってしまいます。

施工事例

既存の雨樋を解体撤去していきます。

解体後の雨樋確認すると、素材に鉄部が含まれていて、錆で内部が腐っていました。

雨樋を少し曲げると、簡単に割れてしまいました。

20年以上経つと、どんな材料も劣化が進行します。

解体が終わりましたら、新規の雨樋を取付けていきます。

色はブラウンです。

まず、金具を設置していきます。

水糸で、雨樋の勾配をしっかりと計り、その勾配通りに金具を設置していきます。

少しでもずれると雨樋が取付けできなくなったり、水が上手く流れず

オーバーフローしてしまう事もあります。

金具を設置したら、軒樋と集水器を取付けていきます。

金具に、塩ビの雨樋を上手くはめ込んでいきます。

その後、縦の樋を取付けて完了です。

軒樋のや竪樋の継ぎ手には雨樋用の接着剤を塗って雨樋を固定していきます。

工事のまとめ

雨樋に不具合が生じると、不具合箇所の外壁や屋根材が劣化したり

最悪、雨漏りを起こしてしまうケースもあります。

また、雨樋が機能していないと、屋根からの雨水が直で地上に流れてくるため

滝のような状況になってしまいます。

このような状況では快適な生活とは程遠い状態となってしまいます。

そのような状況にもならない様にするためにも雨樋のメンテナンスは

必要不可欠となってきます。

屋根リフォーム工事の屋根塗装・カバー・葺き替え工事など一緒に

雨樋の施工をしていくと足場代金も浮いて、効率よく段取りが良いです。

雨樋は見えない箇所なので、屋根を点検される際に、

一緒に雨樋の点検をおススメ致します。