横浜市南区のS様邸にて、雨樋の交換工事を行いました。

30年間と古くなった雨樋を交換することになりました。

何年かに一度、塗装によるメンテナンスをされてきてはいましたが、

さすがに、塗装では限界があります。

素材自体の劣化は防ぐ事はできません。

雨樋は屋根から流れる雨水を地面に流す重要な役割を担っています。

雨樋が劣化すると、雨漏りが起きるという事は基本的にはありませんが

割れたり、きちんとした勾配が取れていないと

雨樋の雨水が滝のように下に向かって落ちてきます。

そうなってしまっては、快適な住環境とは言えなくなってしまいます。

横浜市のS様邸も雨樋の経年劣化もそうですが、

雨樋が割れてきて、水漏れをおこしている場所もあり、

止め金具も錆が出てきています。

このような状況という事もあり、今回は雨樋の交換工事を行う事になりました。

施工方法

施工方法としては、

既存の、雨樋を解体撤去して、勾配の計測をしながら受け金具を取付けていきます。

その後、新規の雨樋を取付けていきます。

もちろん、2Fの雨樋の取付けには足場が必要となります。

比較的、勾配さえ間違わなければ、難しい作業ではありません。

工期も、長さにもよりますが、1~2日間ほどで完了していきます。

今回は、丸樋から角樋に変更していきました。

丸樋の方が、比較的に安価ですが、各樋の方が、雨水の流水量が多く確保が出来るので

最近では、ほとんどこちらの角樋がメインで使用されてきています。

また、丸樋よりも、角樋の方が強度もあって、多少の雪の重みなら変形しずらいです。

あとは、意匠性も優れていて、丸樋よりも角樋の方が引き締まってみえます。

工事のまとめ

雨樋は、割れたりしない限りあまり重要視されてはいませんが、

お家にとっては大事な部分です。

放って置くと、日焼けによる劣化もするため塗装をしていきます。

ですが、さすがに塗装だけでは限界がありますので、年数が経過するに

つれて雨樋の交換工事は必要な工事内容となってきます。

また、交換されるのであれば丸樋よりも角樋のほうが、機能性にも

優れていますのでおススメです。